塚本奈々美with女子カート部では、レースクイーン、キャンギャル、グラビアアイドル、モデル達がモータスポーツとダイエット、ファッション、環境保護などの情報を配信!

contact

HOME > 動画ギャラリー

動画ギャラリー

<塚本奈々美with女子カート部>(JKB)の活動は、レーシングカートにとどまらず、芸能人女子フットサルチーム<JKBf.u.>(女子カート部フットサルユニット:ジェイケービー・フー)としても活動しています。今回のJKBのPVはレーシングカートとフットサル活動のシーンを、JKB5期生の萩原紀子、大塚梨央のダンスヴォーカルユニット<CANDiDE>(キャンディード)の第2回メガウェブフェスタでのパフォーマンス(オリジナル曲「太陽のリズム」)と合わせてぜひお楽しみ下さい。
塚本奈々美 女子カート部 部長、JKBf.u. キャプテン

CANDiDEfeat.女子カート部(JKB)、太陽のリズム

「アースシェイカーの歌うPray for The EarthはBSフジ「フォーミュラ・ニッポン2011」のテーマソングにもなっていますが、このたびアースシェイカーと塚本奈々美with女子カート部(JKB)のコラボ企画として、JKBのもてぎK-TAIでの映像を中心にしたプロモーションビデオにこのPray for The Earthを使わせて頂きました。スピード感のある楽曲、マーシーさんの伸びのある歌声とJKBの躍動感がマッチした素敵なPVになっています。この楽曲は塚本奈々美原作、倉科遼プロデュースのコミック<OVERTAKE!>Pink EV-F1 RacersのPVでも使わせて頂いております。それでは、Start your Engine!」

アースシェイカーfeat.女子カート部(JKB)

女子カート部(JKB)の塚本奈々美原作、女帝、嬢王、夜王などのヒット作で知られる倉科遼プロデュースによるコミック<OVERTAKE! Pink EV-F1 Racers>が11年8月にスタート! 近未来のEVフォーミュラレース界で、日系ブラジル人レーサーのナナがEV-F3からフォーミュラ・ニッポン、そしてEV-F1に駆け上がるモータースポーツコミック。 そのPVを、アースシェイカー(EARTHSHAKER)のPray for The Earthにのせてお楽しみください。 コミックは、APPSTOREにてiPhone、iPadコミックとして配信開始、また随時携帯サイトでもお読み頂けます。 詳しくはHPをご覧ください。
女子カート部(JKB) 部長 塚本奈々美

塚本奈々美原作コミック<OVERTAKE!> with EARTHSHAKER

塚本奈々美with女子カート部」(JKB)のフットサルユニットJKBf.u.(ジェイケービー・フー)は芸能人女子フットサルチームとして、4月の発足以来積極的に強化を進めています。 今回は、そのJKBf.u.の最近の試合の模様を、JKB5期生である萩原紀子(#74)が同じく5期生の大塚梨央と組むダンスボーカルユニットCANDiDEの歌う「太陽のリズム」とともにお楽しみください。 CANDiDE(キャンディード)はラテン語で「純白」、紀子と梨央の二人はステージや楽曲によりさまざまなカラーのパフォーマンスを見せたいと頑張ってます。応援してね!
塚本奈々美 女子カート部部長、JKBf.u.キャプテン

CANDiDEfeat.JKBf.u. 太陽のリズム(女子カート部)

「11年5月3日、日本EVクラブ主催の「エキサイティング・ゴーゴー!EVレース2011」(@筑波サーキット1000)にて開催されたERK(電動カート)耐久レースで、 JKBの塚本奈々美、北平絵奈美がチーム<エナーシスfeat.女子カート部>として見事優勝致しました。 マシンの風を切る音、そしてタイヤのスキル音が響くサーキット・・・電動カートならではの独自な雰囲気をぜひお楽しみください。 この大会の詳細報告はHPの活動報告および月刊ジャパンカート11年7月号の「女子カート部活動 記」連載をぜひご覧ください。

女子カート部(JKB)、ERK(電動カート)チャンピオン

JKBの新フットサルユニットJKBf.u.が11年4月11日にKick Off!
<芸能人女子フットサル>というカテゴリーでNo.1を目指します。今後その活動と成長をHPフットサルコーナーと女子カート部オフィシャルTVが連動して皆様にお楽しみ頂けます。ぜひアクセス下さい。
JKBf.u.キャプテン塚本奈々美

女子カート部(JKB)フットサルユニット、JKBf.u. Kick Off

JKB5期生<JKB・ROOKIES>6人のスチール撮影を写真家・荻窪番長にしてもらいました。その際の写真と動画を公開致します。

荻窪番長 対 女子カート部5期生

女子カート部の映像アーカイブから、10年7月のツインリンクもてぎでのJOY耐の模様をお届けします。名門チーム「無限」のホンダ・インサイトで、元2輪motoGPライダー青木琢磨さんらとチームを組んで出場、7時間耐久で完走を果たしました。女子カート部(JKB)は今後4輪にも進出する計画です。
塚本奈々美

塚本奈々美(女子カート部、JKB) in JOY耐 2010

ミドリ安全水分補給サポートキャンディ塩熱飴Sportsのキャンペーンで、女子カート部の塚本奈々美と若松朋佳が塩熱ガールズとして塩熱体操を熱〜く披露しました。 初披露は11年1月18日〜20日のジャパンゴルフフェア(@ビッグサイト)、そして24日〜216日の東京マラソンエキスポ(@ビッグサイト)でも熱演します。 このキャンディは炎天下で耐久レースをする女子カート部(JKB)にはぴったりの商品です。ぜひ皆さんもカートレースでは塩熱飴をご活用くださいね!
(塚本奈々美)

塩熱飴*塩熱ガールズ:塩熱体操feat.JKB

JKBのコラボレートアーチスト、蒼井美恵さん(徳間ジャパン)の<Be a man>のPVを公開致します。 この曲は塚本奈々美のイメージソングでもあり、今回のPVに塚本奈々美がゲスト出演しています。 関東横浜の若手実業家アーティストTOMOROさんが総監督されました。 奈々美のシーンは7月11日のJoy耐で撮影が行われました。
「男らしく・・・私が欲しいならCOOL&TOUGHに決めて!」と大変挑発的な歌詞ですが、 レースの世界は男女の区別がない中、PVの中で塚本奈々美は世の男性諸氏に「どう、私に勝てる?さあ、男らしさを見せて頂戴!」 とCOOLに決めてます。Show me, Be a man!!
公式サポートソングのページで蒼井美恵さんのご紹介+歌詞を掲載していますので、ぜひそちらもご覧下さい。

Be a man by Mie Aoi with Nanami Tsukamoto

4月のメガウェブフェスタのJKBファッションショーにてJKBとファッションTVのコラボが実現、そのオープニングビデオを公開致します。

fashion TV featuring JKB

JKBのカート活動において最大のイベントは何と言っても真夏のK耐です。
カートには個人で戦うスプリントレースとチームで戦う耐久レースがありますが、もてぎのK耐は国内の全てのカートチームの目標でもあります。 JKBは今年7月24日の5時間耐久にJKBセグンダチーム(6名)が参加してMVPを受賞、 25日の7時間耐久ではJKBプリメイラチーム(6名)が109台中10位となり昨年に続きレディース賞を受賞しました。
その様子をIKURAさんの<My Sweet Summer Angel>、蒼井美恵さんの<The only one>の曲とともにお楽しみ下さい。
後半戦のレインタイヤ履き替えから一気にトップを狙うチームの迫力もぜひ観て下さい。レース詳細は<活動報告>にも掲載します。

JKB @Summer Endurance Carnival

10年、ビッグカーイベントへの参加が続くJKBですが、1月の<オートサロン>、5月の<アメフェス>のムービーを以下公開致します。
<JKB Debut @Auto Salon>はJKBのコラボレートアーチスト蒼井美恵さんの楽曲とともに、 <The First JKBLadies Cup @Amefes>はアメフェスのエクゼクティブプロデューサーIKURAさんの楽曲とともにお楽しみ下さい。

塚本奈々美with女子カート部<The first JKB Ladies Cup @ Amefes >

塚本奈々美with女子カート部<JKB Debut @ Auto Salon>

JKBの<We are Entertainers!>と<We are Racing Drivers!>、2篇のムー ビーを公開致します!
<We are Entertainers!>は、09年8月撮影のミオナさんのTVCMメイキン グムービーです。JKBのエンターテイナーぶりをお楽しみください!TVCM は現在全国オンアエー中です。
<We are Racing Drivers!>は、09年8月の「もてぎK-TAI7時間耐久レー ス」、同9月の「富士スピードウェイHDX文部科学大臣杯第4戦」、そして同 10月、JKBの和田亜里沙が見事クラス優勝した「SUGO第33回TOYOTA カートミーティング全国大会」の3大会の熱戦が収録されています!
どちらも、JKB公式サポートソング<やるしか!>byGOMAと一緒にどうぞ!

塚本奈々美with女子カート部<We are Entertainers!>

塚本奈々美with女子カート部<We are Racing Drivers!>

ページのトップに戻る


当Webサイトの写真は当Webサイトにおいての鑑賞を目的としているため、転載、引用、複製は許可しておりません。 転載や他メディア等への利用許可の依頼メールを頂いても当方では許可はいたしません。

ページのトップに戻る