塚本奈々美with女子カート部では、レースクイーン、キャンギャル、グラビアアイドル、モデル達がモータスポーツとダイエット、ファッション、環境保護などの情報を配信!

HOME > 女子カート部(JKB)のご紹介

女子カート部(JKB)のご紹介

こんにちは、女子カート部(JKB)部長の塚本奈々美です。

女子カート部は2007年に設立された、タレント、モデルを中心とする女性だけのレーシングチームです。
09年にアスリートマネージメントのデポルティーバ社とマネージメント契約を交わし、プロのエンターテイメント集団として活動範囲を拡げて参りました。
現在は5期生〜8期生メンバーを中心に約20名が在籍しております。

2013年、耐久レースでは「もてぎK-TAI7時間耐久」で2位タイ(104台中)となり優秀周回数賞、レディース賞、茂木町賞をトリプル受賞、個人ス プリントでもメンバーがレッドブルカートファイトジャパンファイナル、TOYOTA SLカートミーティング全国大会に出場を果たしました。また、EVカートのERKカップジャパンでは4戦4勝でシリーズチャンピオンに輝き、京商50周年 キャンペーンとコラボして<JKB女子RCクラブ>を立ち上げラジコンにも挑戦してミニッツJKBカップを開催するなど、多方面で充実したシーズンを過ご すことが出来ました。同時に7期生を中心に立ち上げた<JKBneoライドファイト>企画では、JKBの新人メンバーたちがお台場のFunカートライドで 練習し、目標としていた富士スピードウェイ本コースデビュー(JKカップ第2戦、第5戦)を果たしました。

また、私塚本奈々美個人としては、チーム<KYOSHO JKB86>として、クルマ・レース業界が大注目した「GAZOO86/BRZレース」シリーズ 初年度の全7戦のうち6戦(富士、菅生、鈴鹿、岡山、オートポリス、もてぎ)に出場、4戦で決勝に進出することが出来、並行してスーパーFJ(もてぎ)や ドリフトイベントにも出場してレーシングドライバーとしての経験を積むことが出来ました。 JAF国際Cライセンス、D1-Bライセンス(ドリフト)も取得し、2014年のさらなる飛躍を目指しています。

可愛いだけじゃない!本気でクルマやモータースポーツが好きで、本気で自動車業界、モータースポーツ界も盛り上げようと自分達なりに考え、意見を交わし、活動しています。

もちろん、私たちだけでこうした企画を実現することは出来ません。応援頂いている皆様、スポンサー、メディア関係者ら、多くの方々のご声援やご支援が必要です。

お陰様で、こうした活動が今各方面で評価頂けるようになり、このHPを通じて、新しいお仕事の引き合いも増えております。
ご興味を持って頂いた方にはぜひjkb773@gmail.comまでメール頂ければ幸いです。
 
塚本奈々美
2014.01.01


<塚本奈々美with女子カート部>の活動テーマ

低迷する自動車業界、モータースポーツをレディースパワーで盛り上げろ!

ビジュアル先行で何が悪い!美和、真央、オグシオ、マリリンみたいに、モータースポーツでもビジュアルスターを育てよう。JKBが業界を活気づけます!

カートはモータースポーツの原点だ!

カートはすべて(フォーミュラー、GT、ラリー・・・)のモータースポーツの原点であり、登竜門。車離れの若者や女性、子供たちにカートを通じてモータースポーツの楽しさを伝えよう!

集まれ、<車ガール>!(シャガール)

歴女に鉄子、世に現れたマニアックな女子たち・・・でも、クルマが好きな車ガール(シャガール)たちもいるよね。ドライブ好きはもちろん、クルマのドレスアップ、クルマの中で聞く音楽、行ってみたいドライブコース、ドライブファッション、F1が好き、ドリフトが好き、彼氏がクルマキチ・・・女の子のクルマ遊びをプロモーション!さらにJKB車ガールは4輪レースにも挑戦します。

女子カート部はエコ・コンシャス!

女子カート部は設立当初からエコ・コンシャス!正式名称<女子カート部LELS>のLELSはLove Earth, Love Speedの略。ハイブリッド、EVの普及に女性の目線で貢献しよう!モータースポーツは環境問題にも役立ちます!
 


女子カート部(JKB)の4つの活動ユニット

OVERTAKE関連図

ページのトップに戻る